'; include("/home/qhdkfqt3/public_html/html.lib"); if ($career == "DoCoMo") { $wrapper_tag='
'; $mlist_start_tag='
'; $mlist_end_tag='
'; $small='
'; $footer='
'; $menu_link=''; } else { $wrapper_tag='
'; $marquee='
'; $mlist_start_tag='

'; $mlist_end_tag='

'; $line='
'; $small='
'; $footer=' $mlist_start_tag 太陽光発電の仕組み $mlist_end_tag $small 住宅用の太陽光発電システムは、太陽の光エネルギーを太陽電池によって直流電力に発電・変換しています。
この、太陽電池から発電された直流電力は、接続箱で直流配線が一本にまとめられ、パワーコンディショナに送られます。
パワーコンディショナーでは、接続箱から送られてきた直流電力を電力会社と同様の交流電力へと変換し、配電盤から家庭内で使う家電製品に発電した電力が送られます。

一般的な住宅用太陽光発電システムは「系統連係方式」と呼ばれる方式であり、これは電力会社の配電線と繋がっており、発電した電力が家庭内で使う消費電力を上回った時は、電力会社に余った電力を送電し買い取ってもらう事ができます。
逆に、発電した電力で消費電力を賄うことができない場合、例えば曇りや雨、積雪、夜間、季節による日射量などの影響で発電量が少ない時など…こういった時は、不足した電力分は電力会社の電気を利用します。

こういった電気のやりとりは、自動的に行われますので、特別な操作は必要ありません。
太陽光発電システムは、このように安定した電力を確保しながらも、天気のいい日などに多く発電した分は電力会社に買い取ってもらう。
曇りの日など太陽エネルギーでの発電量が足りない場合は、電力会社から不足分を供給してもらう。という仕組みで発電、供給しています。
$mlist_start_tag 太陽光発電とは $mlist_end_tag $small 発電した電気を使える
昼間発電した電気は、まずご家庭の電力として使います。当然、その分の電気代はタダです。
また、発電出来ない夜間の電気代を安くして、太陽光発電にぴったりな電気料金メニューを利用すれば、さらに効率的に電気代を減らすことができます。

余った電気が売れる
発電後、使用しても余った電気は、電力会社へ売ることができます。
しかも、面倒な手続きや作業は不要。毎月、電力会社がメーターを検針し、売った分の電気代がお客様の口座に入金されます。
これが太陽光発電システムが“貯金箱"といわれる由縁です。
さらに、売電単価2倍の太陽光発電の高額買取が始まったことで、設置するメリットも大きくなっています。

オール電化と相性抜群
時間帯別電灯契約(昼間は高い電気料金・夜間は安い電気料金)を利用することで、オール電化がますますお得になります。
昼間は太陽光発電で電気をまかない、電気の安くなる夜間に電気温水器やエコキュートでお湯を沸かしたり、食器洗い乾燥機などを使用すれば経済的です。

省エネ意識が高まる
電気をどのくらい発電しているのか、買っているのか売っているのか、モニターに表示されますので、自己管理がしやすくなります。
モニターを見ることで、電化製品を何も使っていない場合の消費電力を調べることが出来ますので、その値を基本とすることでムダを見つけやすくなります。

災害時にも電気を使用が可能。
災害で停電になった場合でも、発電した電気を使用できます。
いざと言う時の為に専用コンセントから電気製品を繋げて使用出来る様になっています。

パネルの断熱効果で、屋根裏温度が快適
設置することで、パネルの断熱効果から室内温度環境にも多少の効果があります。
室内の温度変化が減ることで冬暖かく夏涼しくなり、暖房冷房費の節約が期待できます。
$mlist_start_tag 太陽光発電のデメリット $mlist_end_tag $small 発電量が天候に左右される
エネルギー源が太陽なので、当然晴天時には発電出来ますが、雨天時や曇りなどの太陽が隠れてしまった時、後は夜にも発電は出来ません。

リサイクルに関する不透明性
色々なものがリサイクルの対象になり、リサイクル費用の負担方法が決められています。
しかし太陽光発電についてはまだ普及率が低いのでリサイクルがどのようになるのかがまだ決まっていません。

導入コストが高い。
太陽光発電を設置する場合、2008年現在で、1K当り60万?80万、仮に3KWを導入すると180万?240万の初期費用がかかってしまいます。

設置場所や立地条件により発電効率に差が出る。
太陽光発電システムの設置方向によって、太陽の入射角が変化しますので、発電効率が変化します。
真南に傾斜角30度で設置すると、もっとも効率がよくなります。
つまり、設置予定の屋根形状や向きによっては、効率のよい発電が出来ない事もあります。
また、地域によって発電量に多少の差があります。
例えば2007年の年間発電量をみると、四国で3450kwh。北陸では2908Kwhと542Kwhの差があります。太陽の光は、その地域の緯度によって変化するので、一定ではないということになります。

温度による発電効率の影響
太陽電池モジュールは夏場の日差しの強い時などには、モジュール温度が60?80℃にも達することがあります。
太陽電池は、温度が上昇すると、出力電圧が低下し、発電効率が夏場で20%ほど低下するようです。つまり、季節により発電効率が変化します。また、受光面の汚れなどでも発電効率が数%低下します。
$mlist_start_tag Lesson $mlist_end_tag $small ■TOPへ戻る
太陽光発電って何?
光熱費がお得
マンションでも太陽光発電
導入にかかる費用
$mlist_start_tag 最新情報 $mlist_end_tag $small 2012年07月04日
太陽光発電を取り付けたい
$mlist_start_tag PRサイト $mlist_end_tag $small $mseolink
$footer 住宅ローン基準目安 $analytics_tag EOD; echo $mbhtml; }else{ //echo "PC縺ァ縺"; $pchtml=<< 螟ェ髯ス蜈臥匱髮サ縺」縺ヲ菴? | 謨吶∴縺ヲ!螟ェ髯ス蜈臥匱髮サ

螟ェ髯ス蜈臥匱髮サ縺ィ縺ッ

螟ェ髯ス縺九i縺ョ繧ィ繝阪Ν繧ョ繝シ縺ァ縺ゅk螟ェ髯ス蜈峨r螟ェ髯ス髮サ豎縺ァ髮サ豌励↓螟峨∴繧倶コ九√∪縺溘ッ縺昴ョ繧キ繧ケ繝繝縺ョ縺薙→繧偵>縺縺セ縺吶
荳蛻縺ョ辯譁吶r蠢隕√→縺帙★縲∫ゥコ豌玲ア壽沒繧ゅ↑縺縺薙→縺梧怙螟ァ縺ョ迚ケ髟キ縺ァ縺吶
髟キ譛溽噪縺ォ辟。陬懃オヲ縺ァ髮サ貅蝉セ帷オヲ縺ョ蠢隕√′縺ゅk螳螳咏ゥコ髢薙d蟆丞梛髮サ蟄先ゥ溷勣縺ョ髮サ貅舌→縺励※蛻ゥ逕ィ縺輔l縺ヲ縺阪◆莉悶∬ソ大ケエ縺ッ迺ー蠅蝠城。後∈縺ョ髢「蠢縺ョ鬮倥∪繧翫°繧我ク闊ャ螳カ蠎ュ繧荳闊ャ莨∵・ュ縺ァ縺ョ菴ソ逕ィ繧ょ「励∴縺ヲ縺縺セ縺吶

螟ェ髯ス蜈臥匱髮サ縺ョ莉慕オ縺ソ

菴丞ョ逕ィ縺ョ螟ェ髯ス蜈臥匱髮サ繧キ繧ケ繝繝縺ッ縲∝、ェ髯ス縺ョ蜈峨お繝阪Ν繧ョ繝シ繧貞、ェ髯ス髮サ豎縺ォ繧医▲縺ヲ逶エ豬髮サ蜉帙↓逋コ髮サ繝サ螟画鋤縺励※縺縺セ縺吶
縺薙ョ縲∝、ェ髯ス髮サ豎縺九i逋コ髮サ縺輔l縺溽峩豬髮サ蜉帙ッ縲∵磁邯夂ョア縺ァ逶エ豬驟咲キ壹′荳譛ャ縺ォ縺セ縺ィ繧√i繧後√ヱ繝ッ繝シ繧ウ繝ウ繝繧」繧キ繝ァ繝翫↓騾√i繧後∪縺吶
繝代Ρ繝シ繧ウ繝ウ繝繧」繧キ繝ァ繝翫シ縺ァ縺ッ縲∵磁邯夂ョア縺九i騾√i繧後※縺阪◆逶エ豬髮サ蜉帙r髮サ蜉帑シ夂、セ縺ィ蜷梧ァ倥ョ莠、豬髮サ蜉帙∈縺ィ螟画鋤縺励驟埼崕逶、縺九i螳カ蠎ュ蜀縺ァ菴ソ縺螳カ髮サ陬ス蜩√↓逋コ髮サ縺励◆髮サ蜉帙′騾√i繧後∪縺吶

荳闊ャ逧縺ェ菴丞ョ逕ィ螟ェ髯ス蜈臥匱髮サ繧キ繧ケ繝繝縺ッ縲檎ウサ邨ア騾」菫よ婿蠑上阪→蜻シ縺ー繧後k譁ケ蠑上〒縺ゅj縲√%繧後ッ髮サ蜉帑シ夂、セ縺ョ驟埼崕邱壹→郢九′縺」縺ヲ縺翫j縲∫匱髮サ縺励◆髮サ蜉帙′螳カ蠎ュ蜀縺ァ菴ソ縺豸郁イサ髮サ蜉帙r荳雁屓縺」縺滓凾縺ッ縲髮サ蜉帑シ夂、セ縺ォ菴吶▲縺滄崕蜉帙r騾髮サ縺苓イキ縺蜿悶▲縺ヲ繧ゅi縺莠九′縺ァ縺阪∪縺吶
騾縺ォ縲∫匱髮サ縺励◆髮サ蜉帙〒豸郁イサ髮サ蜉帙r雉縺縺薙→縺後〒縺阪↑縺蝣エ蜷医∽セ九∴縺ー譖繧翫d髮ィ縲∫ゥ埼妛縲∝、憺俣縲∝ュ」遽縺ォ繧医k譌・蟆驥上↑縺ゥ縺ョ蠖ア髻ソ縺ァ逋コ髮サ驥上′蟆代↑縺譎ゅ↑縺ゥ窶ヲ縺薙≧縺縺」縺滓凾縺ッ縲∽ク崎カウ縺励◆髮サ蜉帛縺ッ髮サ蜉帑シ夂、セ縺ョ髮サ豌励r蛻ゥ逕ィ縺励∪縺吶

縺薙≧縺縺」縺滄崕豌励ョ繧繧翫→繧翫ッ縲∬ェ蜍慕噪縺ォ陦後o繧後∪縺吶ョ縺ァ縲∫音蛻・縺ェ謫堺ス懊ッ蠢隕√≠繧翫∪縺帙s縲
螟ェ髯ス蜈臥匱髮サ繧キ繧ケ繝繝縺ッ縲√%縺ョ繧医≧縺ォ螳牙ョ壹@縺滄崕蜉帙r遒コ菫昴@縺ェ縺後i繧ゅ∝、ゥ豌励ョ縺縺譌・縺ェ縺ゥ縺ォ螟壹¥逋コ髮サ縺励◆蛻縺ッ髮サ蜉帑シ夂、セ縺ォ雋キ縺蜿悶▲縺ヲ繧ゅi縺縲
譖繧翫ョ譌・縺ェ縺ゥ螟ェ髯ス繧ィ繝阪Ν繧ョ繝シ縺ァ縺ョ逋コ髮サ驥上′雜ウ繧翫↑縺蝣エ蜷医ッ縲髮サ蜉帑シ夂、セ縺九i荳崎カウ蛻繧剃セ帷オヲ縺励※繧ゅi縺縲ゅ→縺縺莉慕オ縺ソ縺ァ逋コ髮サ縲∽セ帷オヲ縺励※縺縺セ縺吶

螟ェ髯ス蜈臥匱髮サ縺ョ繝。繝ェ繝繝

逋コ髮サ縺励◆髮サ豌励r菴ソ縺医k

譏シ髢鍋匱髮サ縺励◆髮サ豌励ッ縲√∪縺壹#螳カ蠎ュ縺ョ髮サ蜉帙→縺励※菴ソ縺縺セ縺吶ょス鍋┯縲√◎縺ョ蛻縺ョ髮サ豌嶺サ」縺ッ繧ソ繝縺ァ縺吶
縺セ縺溘∫匱髮サ蜃コ譚・縺ェ縺螟憺俣縺ョ髮サ豌嶺サ」繧貞ョ峨¥縺励※縲∝、ェ髯ス蜈臥匱髮サ縺ォ縺エ縺」縺溘j縺ェ髮サ豌玲侭驥代Γ繝九Η繝シ繧貞茜逕ィ縺吶l縺ー縲√&繧峨↓蜉ケ邇逧縺ォ髮サ豌嶺サ」繧呈ク帙i縺吶%縺ィ縺後〒縺阪∪縺吶

菴吶▲縺滄崕豌励′螢イ繧後k

逋コ髮サ蠕後∽スソ逕ィ縺励※繧ゆス吶▲縺滄崕豌励ッ縲髮サ蜉帑シ夂、セ縺ク螢イ繧九%縺ィ縺後〒縺阪∪縺吶
縺励°繧ゅ髱「蛟偵↑謇狗カ壹″繧菴懈・ュ縺ッ荳崎ヲ√よッ取怦縲髮サ蜉帑シ夂、セ縺後Γ繝シ繧ソ繝シ繧呈、憺昴@縲∝」イ縺」縺溷縺ョ髮サ豌嶺サ」縺後♀螳「讒倥ョ蜿」蠎ァ縺ォ蜈・驥代&繧後∪縺吶
縺薙l縺悟、ェ髯ス蜈臥匱髮サ繧キ繧ケ繝繝縺娯懆イッ驥醍ョア"縺ィ縺繧上l繧狗罰邵√〒縺吶
縺輔i縺ォ縲∝」イ髮サ蜊倅セ。2蛟阪ョ螟ェ髯ス蜈臥匱髮サ縺ョ鬮倬。崎イキ蜿悶′蟋九∪縺」縺溘%縺ィ縺ァ縲∬ィュ鄂ョ縺吶k繝。繝ェ繝繝医b螟ァ縺阪¥縺ェ縺」縺ヲ縺縺セ縺吶

繧ェ繝シ繝ォ髮サ蛹悶→逶ク諤ァ謚懃セ、

譎る俣蟶ッ蛻・髮サ轣ッ螂醍エ(譏シ髢薙ッ鬮倥>髮サ豌玲侭驥代サ螟憺俣縺ッ螳峨>髮サ豌玲侭驥)繧貞茜逕ィ縺吶k縺薙→縺ァ縲√が繝シ繝ォ髮サ蛹悶′縺セ縺吶∪縺吶♀蠕励↓縺ェ繧翫∪縺吶
譏シ髢薙ッ螟ェ髯ス蜈臥匱髮サ縺ァ髮サ豌励r縺セ縺九↑縺縲髮サ豌励ョ螳峨¥縺ェ繧句、憺俣縺ォ髮サ豌玲クゥ豌エ蝎ィ繧繧ィ繧ウ繧ュ繝・繝シ繝医〒縺頑ケッ繧呈イク縺九@縺溘j縲鬟溷勣豢励>荵セ辯・讖溘↑縺ゥ繧剃スソ逕ィ縺吶l縺ー邨梧ク育噪縺ァ縺吶

逵√お繝肴э隴倥′鬮倥∪繧

髮サ豌励r縺ゥ縺ョ縺上i縺逋コ髮サ縺励※縺繧九ョ縺九∬イキ縺」縺ヲ縺繧九ョ縺句」イ縺」縺ヲ縺繧九ョ縺九√Δ繝九ち繝シ縺ォ陦ィ遉コ縺輔l縺セ縺吶ョ縺ァ縲∬ェ蟾ア邂。逅縺後@繧縺吶¥縺ェ繧翫∪縺吶
繝「繝九ち繝シ繧定ヲ九k縺薙→縺ァ縲髮サ蛹冶」ス蜩√r菴輔b菴ソ縺」縺ヲ縺縺ェ縺蝣エ蜷医ョ豸郁イサ髮サ蜉帙r隱ソ縺ケ繧九%縺ィ縺悟コ譚・縺セ縺吶ョ縺ァ縲√◎縺ョ蛟、繧貞渕譛ャ縺ィ縺吶k縺薙→縺ァ繝繝繧定ヲ九▽縺代d縺吶¥縺ェ繧翫∪縺吶

轣ス螳ウ譎ゅ↓繧る崕豌励r菴ソ逕ィ縺悟庄閭ス縲

轣ス螳ウ縺ァ蛛憺崕縺ォ縺ェ縺」縺溷エ蜷医〒繧ゅ∫匱髮サ縺励◆髮サ豌励r菴ソ逕ィ縺ァ縺阪∪縺吶
縺縺悶→險縺譎ゅョ轤コ縺ォ蟆ら畑繧ウ繝ウ繧サ繝ウ繝医°繧蛾崕豌苓」ス蜩√r郢九£縺ヲ菴ソ逕ィ蜃コ譚・繧区ァ倥↓縺ェ縺」縺ヲ縺縺セ縺吶

繝代ロ繝ォ縺ョ譁ュ辭ア蜉ケ譫懊〒縲∝ア区ケ陬乗クゥ蠎ヲ縺悟ソォ驕ゥ

險ュ鄂ョ縺吶k縺薙→縺ァ縲√ヱ繝阪Ν縺ョ譁ュ辭ア蜉ケ譫懊°繧牙ョ、蜀貂ゥ蠎ヲ迺ー蠅縺ォ繧ょ、壼ー代ョ蜉ケ譫懊′縺ゅj縺セ縺吶
螳、蜀縺ョ貂ゥ蠎ヲ螟牙喧縺梧ク帙k縺薙→縺ァ蜀ャ證悶°縺丞、乗カシ縺励¥縺ェ繧翫∵囑謌ソ蜀キ謌ソ雋サ縺ョ遽邏縺梧悄蠕縺ァ縺阪∪縺吶

螟ェ髯ス蜈臥匱髮サ縺ョ繝繝。繝ェ繝繝

逋コ髮サ驥上′螟ゥ蛟吶↓蟾ヲ蜿ウ縺輔l繧

繧ィ繝阪Ν繧ョ繝シ貅舌′螟ェ髯ス縺ェ縺ョ縺ァ縲∝ス鍋┯譎エ螟ゥ譎ゅ↓縺ッ逋コ髮サ蜃コ譚・縺セ縺吶′縲髮ィ螟ゥ譎ゅd譖繧翫↑縺ゥ縺ョ螟ェ髯ス縺碁國繧後※縺励∪縺」縺滓凾縲∝セ後ッ螟懊↓繧ら匱髮サ縺ッ蜃コ譚・縺セ縺帙s縲

繝ェ繧オ繧、繧ッ繝ォ縺ォ髢「縺吶k荳埼乗取ァ

濶イ縲縺ェ繧ゅョ縺後Μ繧オ繧、繧ッ繝ォ縺ョ蟇セ雎。縺ォ縺ェ繧翫√Μ繧オ繧、繧ッ繝ォ雋サ逕ィ縺ョ雋諡譁ケ豕輔′豎コ繧√i繧後※縺縺セ縺吶
縺励°縺怜、ェ髯ス蜈臥匱髮サ縺ォ縺、縺縺ヲ縺ッ縺セ縺譎ョ蜿顔紫縺御ス弱>縺ョ縺ァ繝ェ繧オ繧、繧ッ繝ォ縺後←縺ョ繧医≧縺ォ縺ェ繧九ョ縺九′縺セ縺豎コ縺セ縺」縺ヲ縺縺セ縺帙s縲

蟆主・繧ウ繧ケ繝医′鬮倥>縲

螟ェ髯ス蜈臥匱髮サ繧定ィュ鄂ョ縺吶k蝣エ蜷医2008蟷エ迴セ蝨ィ縺ァ縲1K蠖薙j60荳ス80荳縲∽サョ縺ォ3KW繧貞ー主・縺吶k縺ィ180荳ス240荳縺ョ蛻晄悄雋サ逕ィ縺後°縺九▲縺ヲ縺励∪縺縺セ縺吶

險ュ鄂ョ蝣エ謇繧遶句慍譚。莉カ縺ォ繧医j逋コ髮サ蜉ケ邇縺ォ蟾ョ縺悟コ繧九

螟ェ髯ス蜈臥匱髮サ繧キ繧ケ繝繝縺ョ險ュ鄂ョ譁ケ蜷代↓繧医▲縺ヲ縲∝、ェ髯ス縺ョ蜈・蟆隗偵′螟牙喧縺励∪縺吶ョ縺ァ縲∫匱髮サ蜉ケ邇縺悟、牙喧縺励∪縺吶
逵溷漉縺ォ蛯セ譁懆ァ30蠎ヲ縺ァ險ュ鄂ョ縺吶k縺ィ縲√b縺」縺ィ繧ょ柑邇縺後h縺上↑繧翫∪縺吶
縺、縺セ繧翫∬ィュ鄂ョ莠亥ョ壹ョ螻区ケ蠖「迥カ繧蜷代″縺ォ繧医▲縺ヲ縺ッ縲∝柑邇縺ョ繧医>逋コ髮サ縺悟コ譚・縺ェ縺莠九b縺ゅj縺セ縺吶
縺セ縺溘∝慍蝓溘↓繧医▲縺ヲ逋コ髮サ驥上↓螟壼ー代ョ蟾ョ縺後≠繧翫∪縺吶
萓九∴縺ー2007蟷エ縺ョ蟷エ髢鍋匱髮サ驥上r縺ソ繧九→縲∝屁蝗ス縺ァ3450kwh縲ょ圏髯ク縺ァ縺ッ2908Kwh縺ィ542Kwh縺ョ蟾ョ縺後≠繧翫∪縺吶ょ、ェ髯ス縺ョ蜈峨ッ縲√◎縺ョ蝨ー蝓溘ョ邱ッ蠎ヲ縺ォ繧医▲縺ヲ螟牙喧縺吶k縺ョ縺ァ縲∽ク螳壹〒縺ッ縺ェ縺縺ィ縺縺縺薙→縺ォ縺ェ繧翫∪縺吶

貂ゥ蠎ヲ縺ォ繧医k逋コ髮サ蜉ケ邇縺ョ蠖ア髻ソ

螟ェ髯ス髮サ豎繝「繧ク繝・繝シ繝ォ縺ッ螟丞エ縺ョ譌・蟾ョ縺励ョ蠑キ縺譎ゅ↑縺ゥ縺ォ縺ッ縲√Δ繧ク繝・繝シ繝ォ貂ゥ蠎ヲ縺60ス80邃縺ォ繧る#縺吶k縺薙→縺後≠繧翫∪縺吶
螟ェ髯ス髮サ豎縺ッ縲∵クゥ蠎ヲ縺御ク頑縺吶k縺ィ縲∝コ蜉幃崕蝨ァ縺御ス惹ク九@縲∫匱髮サ蜉ケ邇縺悟、丞エ縺ァ20%縺サ縺ゥ菴惹ク九☆繧九h縺縺ァ縺吶ゅ▽縺セ繧翫∝ュ」遽縺ォ繧医j逋コ髮サ蜉ケ邇縺悟、牙喧縺励∪縺吶ゅ∪縺溘∝女蜈蛾擇縺ョ豎壹l縺ェ縺ゥ縺ァ繧ら匱髮サ蜉ケ邇縺梧焚%菴惹ク九@縺セ縺吶


P R

$seolink
螟ェ髯ス蜈臥匱髮サ
EOD; echo $pchtml; } ?>